FC2ブログ

夜明けのカセドリア

Fantasy Earth Zeroの日記や雑記を書こうかなとか思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自国民煽り

inデスパ攻めの敗北後。
その時のスコアはだいたい3キル4デッド5kダメでした。
東のE6・E7が折られるほどの前線負けで
引くときに引けないままDEADを重ねる終わらない人数差に伴なう
前線の押せない時間が長く続いたことが目についたので言ったら
軍範でなんか言われた。

aori.jpg


どんだけ前線で前線引きマクロや前線押し上げマクロをだしても
どんだけ前線押し上げのきっかけを作っても
スコアに出ていなければそれで終了。
このようなスコア至上主義プレイヤー(しかも同国民)が
鬼の首を取ったかのように煽ってくる。
なんでそう簡単に味方を煽れるんだろうね。



ちなみにこの記事のと同じ人だったので
http://2kaido.blog96.fc2.com/blog-entry-120.html

この人は個人的に私のことが嫌いなのだろうと判断。
ブラックリスト入れます。
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジーアース ゼロ - ジャンル:オンラインゲーム

アシロマ-戦略

先日の目標タマライアの経路封鎖のひとつである
アシロマ山脈の制圧成功によせて
このマップの勝ち方について書こうと思います。



【キープ位置】
下図はこのマップのキープ建設不能範囲を、城を中心とした円で表したものです。
アシロマ1

見てのとおり、余りにも城が中央に近づいているため
どうしてもキープを外側に建設せざるを得ないマップになっています。

更にクリスタルの配置もその傾向に拍車をかけており
①中央に近い
②キプクリに近い
③戦場想定地点に近い
このキープ位置3原則に則ると個人的な理想のキープ位置はこちらです。
asiroma001.jpg
後述しますがこのマップの主要な戦場は北西南東です
ふたつの戦場に近い、キプクリへの移動がスムーズな、
極力中央に近づけたキープ位置として、この位置を使うと良いと思います。

実際の建設方法はこちら。
asiromakipu.jpg
高台から南を向き、スタート地点が高台になるように建設します。

理想と考えるキープ位置がこんな外側だと言う点からも
そろそろ察しがつくとは思いますが、その通りです。
このマップは圧倒的な防衛有利マップなのです。



【防衛側の勝利条件】
攻撃側での勝ち方を提示する前に、防衛側の勝ち方をまず学びましょう。

下の図は、オベリスクによる前線への領域展開と裏展開を済ませた状態です。
asiroma002.jpg
強気オベ・弱気オベによって多少の差がありますが
城とキープの中線である緑の点線を超えない建設を行うと
防衛側が10%近くの領域有利を達成する事が出来ます。

あとはもう
asiroma006.jpg
北西攻めの南東F6維持戦略

asiroma005.jpg
北西C34維持の南東拡大戦略

どちらでも決まれば10%近くの領域優勢が確定します。

戦局に応じて微妙に左右されますが大まかには
このいずれかの戦略の完成中央のキマFB阻止を合わせるのが
防衛側の勝利条件となるのです。



【攻撃側の勝利条件】
ものすごく単純かつ厳しい条件を言わせてもらうと
攻撃側の勝利条件は、防衛側の勝利条件を潰すです。

まず
asiroma003.jpg
北西の領域を防衛側から奪い、維持します。
防衛側にB45の上り口の崖を壁で封鎖されると
攻撃側が領域面でかなり不利になるので必然的に防衛側は北西を重視し
攻撃側も絶対に封鎖されまいと北西を重視します。

でもこうして攻撃側が北西を制圧しただけでは
十分な勝利条件にはなりません。
防衛側にはC34維持の南東領域拡大戦術が残っています。

よって南東にもテコを入れて
asiroma004.jpg
南東の領域も拡大させます。
F6の壁を建設することで防衛側の南東外周への進軍を妨げる事が出来るので
これを利用しつつ南東へ領域を拡大。
ここまできてようやく領域の優勢をもぎ取ることが出来るのです。

段階を追って説明しましたが、実際には
北西の奪取と南東のテコ入れは同時に遂行する事になるので
押さえておいてください。



【まとめ】
攻撃側の勝利条件は防衛側の勝利条件を潰すこと。すなわち
北西と南東の両面展開でどちらも優勢になる
と言う単純ですが厳しい条件となっております。

細かな点を補足するならば
・攻撃側はF6壁を早めに建設する、防衛側はF6封鎖地点へスカフォを置いておく
・C4の橋付近は重要地点ではないので極力戦力を注がないようにする
・前線付近のクリが使いづらいため建築ナイトによる建築が効果的である
これらの事が挙げられます。

さらに詳細な戦術はまた機会があれば書こうと思います。

テーマ:ファンタジーアース ゼロ - ジャンル:オンラインゲーム

キンカ南2本目建築手順補足

前回の記事に関連しそうでそんなに関連しないかもしれない話題をひとつ。

キンカ南オベ7

これは少し前、少数人数勝ちから始まったキンカ攻めで
南1本目のオベが前回の記事の南2本目の崖上に支配領域
建設された際、某プレイヤーの方が2・3本目を矢印のように建設したことで
フォローを施したときの建設図です。

<解釈>

初期展開は1本ごとのオベで効率良く領域を拡大させられるような
手順を取るのが鉄則です。
1本ごとに拡大していく領域が広く、早ければそれだけで
敵軍との領域差による拠点ゲージの減りは変わってくるのです。
移動距離も考えると可能な限りクリ供給地点から近い場所へ
建設するのが理想となります。
(あくまで効率を重視した際の理想なのでどの状況でも
 これが至高と言う訳ではありません)

この鉄則と、前回の記事で提示した崖上の位置へ
手早く建築を済ませる事の両方を達成するために
あえて2本目のオベを1本目のオベの南ではなく、中央へのオベを先に建設し
2本目によって得られた支配領域を目的の崖上地点に及ばせて
3本目に崖上へ建設、と言う手順を取ったと考えられます。
それぞれのオベが支配領域の最外周に建設されているため
無駄がほとんどなく目的を達成しています。

少人数スタートによる特殊な状況下ではありますが
こういった工夫が南1本目のオベがたった直後の
短い時間で思いつくのは職人芸、天晴れと言うしかありません。

テーマ:ファンタジーアース ゼロ - ジャンル:オンラインゲーム

キンカ南建築あれこれ

①南2本目崖上オベの建設位置
タテに黒い模様が目印になるかな?
キンカ南オベ1

②南2本目のオベ概観
歩兵で折られない事と、内周の領域を広く取れる事がメリット
ジャイ砲撃された際セスによるHP回復ができない事がデメリット
キンカ南オベ2

③南2本目オベの左にもうひとつ崖上に建設できる位置があります
建設位置はジャンプして引っ掛けるところ。奥の壁の人の位置です。
キンカ南オベ3

④3の記建設位置の概観
防衛側も利用できるかもしれないです。
キンカ南オベ4

⑤3の建設位置に立てられるもうひとつの地点
防衛側が建設するならここからがいいかも。
キンカ南オベ5

⑥防衛側のジャイが攻撃側南2本目崖上オベを砲撃できる大まかな位置
ここまで敵ジャイに来られなければ南崖下じゃない限り砲撃されない感じ。
キンカ南オベ6

とりあえず考察はヌキにしてまず覚えてもらえればとー。

テーマ:ファンタジーアース ゼロ - ジャンル:オンラインゲーム

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。