FC2ブログ

夜明けのカセドリア

Fantasy Earth Zeroの日記や雑記を書こうかなとか思っています。

キンカの北は伸ばしましょう

「北は折られるから伸ばすな」
「北は守れない」
「北よりも南きてくれ」
「北にいるやつ全員戦犯な」


このような断片的な情報しか持たない軍チャが
よく流れているせいかどうかは分かりませんが
昨今のカセにはキンカの北側にオベを伸ばす事に
敏感すぎる気がします。

何から話せば良いのかちょっと迷ったので
分かりやすく具体例を挙げてみることにしました。

キンカ北オベ1

この写真は、攻撃側がF3に置き勝ちしつつ南オベが順当に展開され
G2付近に前線を構築できている状態を表しています。

ただし、領域は負けています

原因は攻撃側の北オベが A5 B5 で止まっている点にあります。

この場合、攻撃側が B6 にオベを置けば一応の逆転は出来ますが
反対に防衛側が B7 に置いちゃったりなんかすると
攻撃側は防衛側のオベを折らない限り支配領域で妨害され
これ以上領域展開ができなくなり、極端に不利になってしまいます。

南の展開で有利になったとしても
南北であわせると領域が負けてしまっている

北の展開を疎かにするとこんな状況もしばしば起こるので
北にいる方はしっかりと領域を確保してください。






ここで終わってもまだ納得できない人がいるかもしれないので
もう少し掘り下げてみます。




キンカの北戦場は

・城とキープとの間の距離が短いため死に戻りが来やすい
・基本的に南へ歩兵が集中するため北の全体の兵数が少ない
・召喚はキマのFB狙いを除いて99%来ない


という特徴を持っています。

キンカの北は殆どの場合、少人数同士の歩兵戦だけが
繰り広げられるため、実際のところオベが破壊されるかどうかは
北で戦う歩兵の人たちの腕にかかっていると言えます。
それでも、少人数なのでオベを折る人員が多ければ多いほど
前に出て戦っている人が危険になるという形になるので
両軍の戦力に大きな違いが無い限り、オベが折られる可能性は
そんなに騒ぐほど高くはないんですよね。

大切なのはそこに居る歩兵さんたちの判断力・団結力。
北は折られる、守れない、ではなく
北を折らせる、守らない、と言う結果にならないよう
北に残る兵の方々も心身共に充実させなければなりません。


そしてここから私の妄想が入り混じるのですが

北を伸ばさない理由としては、キンカの戦争において
南全力1面展開戦術が蔓延しているからではないかと考えています。
その戦術とは、北の戦線を極力放棄して南にほぼ全戦力を投入し
南の展開を有利に進め前線を押し上げ、最終目標はG6まで進み
南の全域制圧を達成するというもの。

確かに北と南を比べると、確保できうる領域は南のほうが多いので
最終的な領域差では南を制圧した側が有利となりますが
この戦術は現実的ではありません。

普通は敵側も南へ多くの戦力を投入するからです。
実現するには南の前線を押し上げるための相当な歩兵力が
必要となるでしょう。召喚運用もまた然りです。

白地から戦術を考える際には、こういった歩兵力等の要素は
両軍共に同値であるとして考えていくのが基本です。
反対に、たまたま大きな歩兵差で勝利した際の結果を
戦術として取り入れるのは、旧キンカ(現シュア地形)の
二の舞となる危険性を持っています。


南を押し切る事自体が難しいのだとすれば
北と南の領域を一緒に伸ばしていって
南北共に可能な範囲での前線を構築し、守っていくのが
よりクレバーな戦術と言えるのではないでしょうか。

これがいわゆる両面展開とか2面展開とかと言われるもののひとつです。
この概念を理解しきれていない方はこれを機に覚えてみては!
スポンサーサイト



テーマ:ファンタジーアース ゼロ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2kaido.blog96.fc2.com/tb.php/56-f467df55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)